育成会とは

福井県手をつなぐ育成会は、1955年(昭和30年)の創立以来、
知的障がいのある人の当事者団体として、
親や家族の力を集め、
障がいのある本人さんの権利擁護と社会参加のための事業、
保護者の研修・相談などに取り組み、
当事者だけでなく広く地域と手をつなぐことを目指し、
次の一歩を踏み出しています。

福井県手をつなぐ育成会の活動内容紹介

活動内容紹介

学校、仕事、くらし、将来のこと。

年代や立場は一人ひとりちがうど、

心配する気持ち、わが子を思う気持ち、不安や悩み、

話せばわかる、話せばつかめる

一人で悩まないで、お話しましょう。

いろんな解決策、いろんな夢が生まれてくるよ。

  

気軽に育成会に遊びに来ませんか?

>>お問合せフォーム


親子で一緒に「さいしょのいっぽ♪」

なかまと一緒に余暇を楽しむプログラム。

みんなの笑顔!みんなの休日!

げんき塾のプログラムでみんなイキイキ笑顔。

音楽やスポーツ、茶道、お料理、ものづくり、

趣味や生きがい、見つけませんか?

いろいろ、一緒にやりましょう。

近々イベントはあるかな?

>> 行事情報はこちら


知りたい情報、役立つ話題、会報誌「はんどく」を毎月発行しています。

障がい者福祉制度の勉強会、最新情報に触れられます。

大会や研修会で全国の仲間と交流できます。
力を合わせれば、地域の小さな声も

日本手をつなぐ育成会連合会を通じ、国に届きます!

はんどくってなぁに?

>> 会報はんどくの詳細はこちら


独立行政法人 福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成事業

(C) 福井県手をつなぐ育成会